【うつ病・不安障害を治せる方法があります】             マインドフルネス東京

mindftokyo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:グル-プセッション( 1 )

12月開始グル-プセッション

AX









         



◆グル-プセッションご案内◆

     マインドフルネス心理療法(SIMT)  第1~第10セッション



    

●目的



 参加者が、マインドフルネス心理療法(SIMT)を実践し、心のご病気の改善回復する
ためのサポ-トを目的とします。


 
 マインドフルネス心理療法(SIMT)は非常に効果の高い心理療法ですが、ご本人が実
 践することで初めて効果を発揮するものです。
 残念ながら私たちは、あなたの代わりにマインドフルネス心理療法(SIMT)はできな
 いのですが、なんとか途中で挫折することなく実践し続けていただけるように、ご病
 気が完治できるように、様々な形でサポ-トします。
 SIMTのスキルを確実に身につけるための、有効な環境を作るのが私たちの仕事と思っ
 ています。


 SIMTは、第1~10のセッションをひとつずつ1ヶ月間、計10ヶ月間おこなうのが
 基本となっています。1ヶ月間1回の講座と同時進行で、ひとつひとつのセッション
 を実践していくこと形態なので、非常に取り組みやすいです。
 セッションが進むごと複雑になっていきますが、確実にスキルを積み上げていくこと
 ができます。


 
 ひとつのセッションごとにその重要ポイントを充分に説明します。何のためにこれを
 おこなうのかが理解できないと実践するのが困難だからです。印象的に、わかりやす
 いように話します。テキストでは理解しにくいところをフォロ-します。必要なもの
 は資料もお渡ししています。
 第1~10のセッションのすべての呼吸法のガイドを録音できます。自宅学習が格段
 におこないやすくなります。1日平均30分の壁を容易に超えることができます。
 様々な不安や質問に答えられる環境を作ります。ペ-スメ-カ-の役割を致します。
 定員8名の少人数指導です。おひとりおひとりのことを把握し個人レベルでの丁寧な
 アドバイス、指導をしていきます。



 また、このグル-プセッションは、改善回復のための大切な土台を作る10ヶ月です。
 SIMTは総計2~3年はおこない続ける必要がありますが、この初期段階に習慣化でき
 ると、そのあとご自身でおこなうのが容易になります。



  


●日時・場所・定員・費用・テキスト
 


  日時/SIMTがめざすもの、第1セッション-2015年12月12日
      第2セッション-2016年1月16日
      第3セッション-2月13日
      第4セッション-3月12日
      第5セッション-4月9日
      第6セッション-5月14日
      第7セッション-6月11日
      第8セッション-7月9日
      第9セッション-8月13日
      第10セッション-9月10日
      すべて土曜日。16時~18時

  
  (※10回連続です。全日程を確保してください。
  第1セッションから確実に積み上げていくのが効果的ですので、途中からの参加はできません。)

  (※全日程参加を条件していますが、どうしても調整できない日がある場合には、その分を個人
  セッションでおこなうことも可能とします。詳細はお問い合わせください。)


  講師/岸僚子 松丸美江子(マインドフルネス東京)


  場所/セラピ-ル-ム ひなたの中庭 (西荻窪駅北口徒歩7分)
  (※参加する方に直接お伝え致します。セラピ-専用ル-ムです。
    プライバシ-に配慮した空間です。)  

  
  費用/7万5千円(申込み時全納・詳細な日記指導料10回分を含む)
 (※各回ごとのお支払い希望の方は1回8000円となります)


  定員/8名(厳守させていただきます)
 (※ご家族の参加は定員に余裕があったときのみ参加可能とさせていただきます。
ご了承ください。一回ごとに1000円です。)

 

  テキスト/
  『うつ・不安障害を治すマインドフルネス-ひとりでできる自己洞察瞑想療法』
   大田健次郎著・佼成出版社 を使用致します。各自ご用意ください。


   
 

  
●内容

 
 ・毎回各セッションについて、重要ポイントやコツについて解説します。
  一か月に1セッションずつ進みます。


 ・マインドフルネス心理療法(SIMT)の簡単な理論的背景や脳神経生理学との関連に
  ついてもお伝えします。


 ・毎回ガイド付で、実習をおこないます。


 ・毎回効果のある脳トレをお伝えします。


 ・質問、疑問にもお答えします。






●サポ-ト体制



 ・日記指導 

  毎回日記を提出していただき、個別にアドバイス致します。
 



 ・Q&Aメ-ル 

  実際におこない始めると、質問が出てくるものです。疑問を持ちながら次の回まで
  いるのももったいないですから、質問があった場合にはメ-ルをいただき、その質
  問と答を希望者の方にシェアしていきたいと思っています。
  つまり、ひとりの質問をみんなのために活用していけたらと思っています。
  


    
 ・自習ガイド

  自己洞察瞑想療法は意外は複雑なところがあります。本を見て確認しながらおこな
  うとどうしても中断されてしまう面があり、おこないにくいかもしれません。瞑想 
  的状態も中断され効果的ではありません。
  ご希望の方は、私がグル-プセッションの場でガイド実習をするものを、ICレコ
  -ダ-などで録音してください。セッションの目的なども折り込んであり、聞きな
  がらスム-ズに毎月の課題が実行できように、まとめてあります。毎回20~40分程
  度です。
  ただし、出版社の著作権に抵触しますので、ご本人のみ活用していただくことを固
  くお約束ください。




 ・その時々の心身の状態への対応

  心身のことで困っていることについて有効なアドバイスを致します。
  例えば、気になることが多々あり落ち着かないという方には、簡単にご自分ででき
  る心理療法を。考え過ぎて寝つけないという方には、体のセルフケア等。






●参加条件


 ・診断名について。

  参加していただける方/うつ病(重いうつ病、非定型うつ病)、不安障害(パニッ
ク障害、社会不安障害、対人恐怖症、強迫性障害、PTSDなど)、自律神経失調
症、過食症など。
  また、明確な診断は受けていなくても、上記のような症状がある方。

  参加していただけない方/統合失調症、躁鬱病(双極性障害)、境界性人格障害等。
 (申し訳ありませんが、現段階では上記のご病気については明確な改善回復効果が実
証されていないためグル-プセッションへの参加はお断りさせていただいておりま
す。個人セッションでの対応となります。ご相談ください)


 ・10か月もの長き間、なんとか、日々ご自分でマインドフルネス心理療法(SIMT)
  を実践していこうという気持ちをお持ちの方。


 ・全日程にご参加いただける方。


 ・大声をあげたり、暴言暴力をしたりなど、グル-プセッションを困難にする方は固
くお断り致します。そのような言動があった場合には、おやめいただくこともあり
ますのでよろしくお願い致します。


 (自己洞察瞑想療法は優れた自己修養法でもあり、どなたが学んでも役立つものでは
ありますが、現在心の病気の方、過去に心の病気であった方を対象に考えています。
ご了承ください。一般の方は個人セッションでの対応となります。ご相談ください。)

 




●グル-プセッションの特徴。


  マインドフルネス東京のおこなう、グル-プセッションの特徴をお伝えします。

  どのようにしたら、参加する方が少しでもらくに、できるだけ早く効果を生むこと
  ができるのか、治癒のためのいい環境を作ることができるのかと考えました。
  理解しやすい、課題をおこないやすい、効果結果が出やすいという3点から考えた
  結果です。


(1)参加者全員が同じ段階を進みます。途中参加はできません。


  全員が第1セッション、全員が第2セッション、そして全員が第10セッションと
  参加者全員が同じ段階で進んでいきます。
  ひとつのグル-プに、段階の異なる方が混ざるということはありません。


  セッションにはそれぞれ違うテ-マがあります。おこなうコツやポイントも各セッ
  ションごとに異なり、ひとつのセッションでお伝えしておいた方がいいことがたく
  さんあります。
  限られた時間の中で、段階の異なる方が混ざっていると、どうしても情報が分散し
  情報不足になってしまいます。全員が同じ段階であれば、おこなうセッションにだ
  けフォ-カスしてお話することができます。


  自己洞察瞑想療法は、おこなっていくうちに理解が深まるという面はありますが、
  事前にお話できることはでき得る限りお伝えしたいと私は思います。
  自己洞察瞑想療法の課題を日々実行し続けるのは簡単ではありません。少しでもお
  こなう意味や価値がわかった方が、続けやすいと思います。
  そのセッションのポイントをしっかり理解していないとご自宅での実習に支障が出
  てくる可能性があります。
  よくわからないままにおこなうのは誰にとってもハ-ドルが高いです。不安要素は
  可能な限り軽減したいと私は考えます。そのための、全員同時進行セッションです。
  最良の方法だと思います。


 (※途中参加ができないという意味は、ふたつあります。
  第1セッションをおこなわずに、第2セッションから参加するといったことはでき
  ません。
  また、すでに開始されているグル-プセッションに途中から参加して、他の方は第
  2セッションをしているときに、第1から始めるということはできません。
  両方の意味で途中参加はできません。
  大田先生がグル-プセッションをされていたときにも途中参加はお断りしていまし
  たので、どうかご了承ください。)




(2)自習のための録音ガイドについて。


  自己洞察瞑想療法では、呼吸法の課題を1日30分おこなうのがひとつの大きな目
  標です。 (テキストでいうと課題Cにあたります)
  1日30分を半年続けると、効果が格段にあがることが今までのエビデンスから裏
  付けられています。30分の壁と、いうことができます。
  自分ひとりでおこなっていると、誰でも最初からなかなか30分おこなうのは難し
  いです。講座で大田先生のガイドがあるとやりやすいように、自宅実習する際もガ
  イドがあれば、30分の壁を早めに突破できるのでは?と考えました。
  (実際、グル-プセッションに参加した方は最初の月から1日平均30分超えの方
  がほとんどになります。)


  自己洞察瞑想療法は複雑なところがあります。呼吸法をおこないながら、自己洞察
  を入れていくのが鍵となっていますが、そのセッションごとに異なる内容をテキス
  トで、「え~と、なんだっけ?」といちいち確認しながらおこなうと、どうしても
  中断されてしまいます。瞑想になりません。


  また本を読んで確認するときにはどうしても思考が働きます。しかし、自己洞察瞑
  想療法で活性化したいのは、思考作用のもう一段深い意志作用なため、思考作用が
  働いてしまうのは、逆効果となってしまいます。(この意味は今はわからなくても
  大丈夫です)


  呼吸法をおこなっていても、これでいいのか?これでできているのか?といった不
  安をなくしたいとも思いました。不安になりながらおこなうとストレスホルモンが
  出てしまい、これもまたマイナスです。ストレスホルモンを減らすためにおこなっ
  ているので、めざしていることと逆効果となってしまいます。


  以上のような様々な理由から、自宅で実習するための録音ガイドがあるといいと考
  えました。
  

  セッションごとにおこなう必要のある自己洞察の内容だけではなく、その目的や意
  味なども同時に折り込んであり、聞きながらスム-ズに毎月の課題が実行できよう
  に、まとめてあります。
  ご希望の方は、私がグル-プセッションの場で、ガイドをするものを、ICレコ-
  ダ-など録音してください。各セッション約30分のものです。
  ただし、ご本人のみ活用していただくことを固くお約束ください。
 (他の方に譲渡したり、何らかの形でも公開されると出版社の著作権に違反すること
  となります。ご了承ください)


  




●申込みの流れ


(1)患者家族会または、入門講座への参加

   大田健次郎先生のおこなう心の病気の方向けの講座「患者・家族会」「実習会」
   などに参加された方、あるいは、
   私の「マインドフルネス心理療法(SIMT)入門」の講座にご参加ください。
   ある程度、この療法をご理解ください。

  (基本的に自己申告制ですが、確認させていただくことがあります。
   また参加条件に偽りがあった場合には、セッションへの参加をお断りさせていただきます。
   ご了承ください。)

  (また日程などのご都合がつかず上記の講座への参加がむつかしい方は、個人カウ
   ンセリングを受けていただくことになります。ご相談ください。)

 ↓

(2)申込みフォ-マット

   申込みフォ-マットをご請求ください。
   件名「グル-プ申込みフォ-マット」で、mailto♪mindfulness-tokyo.com(♪を
   @に変えてください)へお願いします。
   3、4日以内にはお送り致しますのて、書き込んで1週間以内にご返送ください。


   ★参加確定までお時間がかかるため、申込みフォ-マットのご請求は、11月30日(月)
   までとさせていただきます。ご了承ください。


      また、申込みは、グル-プセッションに参加するご本人からのみとさせていただき
ます。ご家族からのお申し込みは固くお断り致します。
   ご本人の意志がなければ困難な療法ですので、よろしくお願い致します。

 ↓

(3)書類選考

   当方のマインドフルネス心理療法での改善回復が見込めるかどうかを判断させてい
   ただきます。1週間以内にご参加いただけるかどうかをご連絡致します。
   大変申し訳ありませんが、お断りすることもありますのでご了承ください。
   守秘義務は厳守致します。
  

 ↓

(4)参加要項の送付

   グル-プセッションに参加可能となった方には、参加要項をお送りします。
   マインドフルネス心理療法への理解、日程を確認します。
   1週間以内に参加費用のお振り込みをお願いしています。


 ↓

(5)電話面談(無料)


   ご希望の方には、お電話で5~10分程度お話させていただきます。簡単な質問
   などにお答えします。



●第10セッション以降のサポ-トについて。

 SIMTでは、第10セッション以降も、1日平均30~40分の呼吸法と、丁寧な行動時自己
 洞察を少なくてもあと最低約14ヶ月間は、続ける必要があります。
 サポ-トが急にすべてなくなってしまうのは心細いと感じる方もいるかもと思い、第
 10セッションまで終わった方のみ参加可能の会をおこなっています。セッション最中
 の人と、セッションを10まで終えた人では、課題そのものが異なるので分けた方が適
 切だろうと考えました。1か月に1回で、90分です。10セッション以降という意味で、
 「SIMTイレブン」と名付けました。
 主な内容は、復習と質疑応答と呼吸法の実習です。SIMTについて、あるいはSIMT以外
 のことについても可能な範囲でお答えしています。やはり10セッションまで終わっ
 た方の質問は本質的で深いものがあり、私自身も興味深く毎回たのしみです。
 内容については、参加者の希望で柔軟に考えています。いろいろな意味で「役立つ」
 講座にしたいと思っています。
 時間の余裕のあるときには、自分でできる心身のケアについてもお伝えしています。
 心のことに体からアプロ-チできるととても効果的だからです。
 ★実習の会「SIMTイレブン」は、2016年10月以降は不定期開催となります。ご了承
 ください。


 また、日誌についても希望者には引き続きコメントしていきます。
 つまり、日誌コメントのみ、実習会のみ、日誌コメントと実習会両方と、ご希望に合
 わせて3択できるようにしました。
 後々のことを不安に思うことのないように、万全なサポ-ト体制で支えます。私たち
 ででき得る限りのことをしたいと思っています。
[PR]
by mindfulness-tokyo | 2015-09-03 08:00 | グル-プセッション